FC2ブログ

USB-DAC&HPA と スリープ問題  (解決?)

usbdachpa1 (7)




自作のUSB-DAC&HPAで、windows7でのスリープ後の

復帰での不具合がどんな感じかまとめてみました。



* USB3.0のポートでは問題なし

* USBーHUBポート1では復帰後に認識せず。

* USBーHUBポート2では復帰後に認識はするものの、音量がなぜか最大になる。

 (windowsのボリュームコントロール画面のバーを少し動かすと元に戻る)

* AKI.DAC-U2704の基板にUSBから5Vを給電しても、外部電源から給電しても

  その症状は変わらない。


 
 次はwindows7側の設定を色々変更してみたりした事のまとめ。


* デバイスマネージャーからUSBコントローラーのプロパティにある

  「電源の管理」タブの「電力の節約のために~」のチェックを外す。

  とにかく全てのUSBの項目を見て外す。


* コントロールパネル 「電源の管理」からUSBの項目にある

  「USBのセレクティブサスペンド」を無効にする。


* レジストリエディタでUSBホストコントローラーとHUB等の

  関連するドライバーキーの所は全て調べて、
 
  ForceHCResetOnResume レジストリ値を追加する。


* マイクロソフトのサポートHPにてUSB関連の

  修正プログラムを片っ端からインストしてみる。


等の手段を講じてみましたが、一向に改善はみられず。



ちょうどその作業の時、Windows Update での不具合を発見。(後に解決)


なんだかんだで結局良くなってはいない状況です。


さらに、給電をUSBからと、外部電源からとを比べている作業中に

あやまってポリスイッチを破損してしまった。


めっちゃ小さくてもろい部品だった。


これで安全上の理由からも外部電源に決定することになった。

まぁでも聴感上もなんとなくUSBからよりも音がはっきりとなった

気がだいぶするので後悔は全くないですね。うふふ。



ちなみにこのスリープ問題にはだいぶ飽きてきているので、

当面はUSB-HUB ポート2を使いつつ、ボリュームには気をつけるという日々になりそう。


もうすこしサポートHPをうろついたら諦めよう。


( 9/20 追記 )

現在も相変わらずポート2で音楽を聴いていたのですが

何と、メディアプレイヤーを「foober2000」から「winamp」に変えた所


無事に音量そのままにスリープ復帰できました。


まさかアプリが犯人だったとは…

相性がたまたま悪かったのかもね。




スポンサーサイト

Windows Update エージェント 7.6.7600.320 何じゃこれ


たまたま他の更新作業中に発見した不具合があった。



手動でWindows Updateを行なおうとした際に、

「Windows Update エージェント 7.6.7600.320 」 というプログラムを

インストールしてくださいと表示がでるものの、行なうと「失敗」となる。

(windows7 home premium での話ですよ)


履歴をチェックしてみてびっくり、約一ヶ月にわたって何十回も

インストールに失敗しまくっていた。


そしてそのせいで他の更新プログラムがまったくダウンロードも

できてない状況だった。


そこで再びマイクロソフトのサポートページをさまよっているうちに  

解決法を発見。


マイクロソフトの更新のクライアントから更新しますからダウンロードし手動アップデートしてみる。」


という項目を実行し、再起動してからやっと通常の更新ができた。


更新プログラムもたまっていたようで十数個もあった。


検索してわかったが、「Windows Update エージェント 7.6.7600.320 」は、

インストールしたあとも色々と問題があるようで一抹の不安が残っている。


(Windows Update エージェントのバージョンを確認するには

c:\windows\system32フォルダにある、「 wuaueng.dll 」の

プロパティから見ることができる。)




USB-DACでの勘違い発見

この所、秋月のUSB-DAC [AKI.DAC-U2704 REV.C]を使ってて

PCのスリープと相性が悪い件をネットでさんざん調べていましたが、

PCの設定が悪いのかとばかり思っていました。


USBバスパワーをPCからではなく外部電源からにしてみても

さっぱり効果もなく途方にくれかけた所で、ひょっとしたら

DACのICであるPCM2704の設定の方もなんかあるかなと思い

検索してみるとえらい勘違いを発見したのです。


それは…


バスパワーからセルフパワーにしたと思っていたら

セルフパワーモードでの外部電源供給に過ぎなかった!



ということです。


どういうことかと言うと、

PCM2704から見たバスパワーモードとセルフパワーモードでは

周辺の回路構成がそもそも違うのです。


そしてその回路構成を変えた上で外部電源を5Vと3.3Vの両方を

用意することがセルフパワーモードでは必要なのでした。



では前回の改良は何だったのか?

何をしたのか?っていうと単純に、

セルフパワーモードで、USBからの5Vでなく外部電源からの5Vの供給に

切り替えただけなのです。


では回路構成が違うってどう違うのか?

詳しくは参照のHPに書いてありました。


 (参照1  http://www20.tok2.com/home/easyaudiokit/teatime/teatime1.html)

 (参照2  http://l63g.com/2011060836.html)
 

 dac pw setting
引用 http://www20.tok2.com/home/easyaudiokit/teatime/teatime1.html


ものすごくわかりやすい図だったので勝手に引用させて頂いてますが


Aki dac



秋月のDACの回路図を確認してみると…


そう、セルフパワーモードで構成してあります。(PCM2704から見て)



AKI.DAC-U2704はUSBバスパワーからの電源を使って

PCM2704をセルフパワーモードで動作させた構成である



ということですか。あ~ややこしい。


USBのバスパワーだけで動くので、ICの動作もバスパワーモードだと

完全に勘違いしていました。


そういえば、ぺるけさんのHPにもそんな風な記述があったような…。


で、条件の図と回路図を見てて気になるところが、

9番ピンは1.5kでVDDにプルアップすべきと書いてある所でして


(プルアップとはデジタル回路において+の電位を繋いでおくこと)


AKI.DACでは元々はVBUSへプルアップされていて、

現在は常時電源供給OKのVBUS(セルフ)に繋がっています。

これはセルフ電源のオンオフを認識したいのかな?

大事なのはスリープからの復帰だけど。



まぁどちらもスリープに入ることは忘れないのに

そこから復帰することができずにいる。

いや、USB HUB ではなく普通のポートなら正常なんですが。


常時電源だけを入れてもUSBを繋いでいない時にはもちろん認識しない。

繋いでおいて電源を入れなおすと認識する。


つまりPCM2704の認識のトリガー的な機能のHOST21番だけでは

認識したとはならず、電源がきた後でD+とD-の信号線で

何がしかのやりとりがあってようやく認識となるようです。



あれ、結局この勘違いはスリープ問題とは関係なくない


逆に正常なポートに繋いだ時にちゃんと動作できるのかな~?


実際に調べてみよう。














FET差動バッファ式USB DAC & ヘッドホンアンプ  改良編

deviicemanager1.jpg


ここ数日、完成したDAC&HPAで音楽を楽しく聴いていましたが、

ちょっとした不具合が見つかってしまいました


↑の画像はWindows7のPCのデバイスマネージャーという画面です。

このUSBDACはPCからこういう風に認識されていますよという物なんですが、

スリープをして復帰するときれいさっぱり見失う

という現象が起こってしまいました。


う~ん、非常に困った。私は普段はもっぱらスリープ派なのです。


USB端子を抜き差しすると再認識することはできました。でも毎回は面倒くさいよね。

ちなみにハードウエアのスキャンでは見つけきれません。

プログラムでは対処できず、物理的に再認識ということです。

ドライバも最新にしてみても変化なし。どうもDACの方が止められてるような感じです。


ただ、PCの左側にあるUSB3.0の方に挿すと不具合は出ませんでした。(ノートPC)

しか~し、USB3.0のある側はちょっと使いにくいのです。できれば右側のコネクタに挿したい。


よくよく調べていくと同じUSBコネクタでも 普通のUSBポートとUSB HUBポートの2種類が

あることに気付きました。ノートPCは内部で結線してあるのでぱっと見てもわかりません。

そして不具合がでるのはUSB HUBポートだけということがわかりました。


そしてあることに気が付いたんですが、

PCのUSB HUBの多くはスリープ中は給電してないということです。


私のは東芝のノートPCなんですが、「東芝スリープユーティリティ」という機能があって

そこではUSB3.0のコネクタのみスリープ中も給電が選択できます。


調べていると、最終的に電源の管理ツールの「USBのセレクティブサスペンド」

という項目を無効にすればスリープ中でも給電されるようでした。



「もしやHUBでも外部電源があればスリープ復帰後も認識されるのか?」


それともHUBであるかぎりスリープ復帰後に自動で再認識できないのか。



じゃあ試しにDAC部分をバスパワー電源からセルフパワー電源にしたら

どうなるかな?ってことでやってみる事にしました。




dacpower2.jpg



ダイオードがすんごい事になっていますが気にせずに。

電源回路をもう一つ追加になりました。


いつものトランジスタによる安定化電源回路です。

C1、C2のコンデンサとマイナス電源用の6連ダイオードはFETバッファ回路と共有します。

抵抗R1の2.2KΩは完全に勘違いしてつけてしまったので5~6mAくらい流れています。

本来は2~3mAくらいでいいので5.6KΩくらいがたぶん適当でしょう。


たまたま手持ちの5Vツェナーに小信号ダイオードを足して基準電圧5.6Vを作りました。

2SC3421のVBEが0.8VくらいなのでVEが実測値で4.8Vとなりました。


結局はDAC基板のレギュレーターによって3.3Vに降圧されるので大丈夫でしょう。

消費電流はおよそ20mA~30mAのようです。


usbdac2 (9)



さて電源の接続先はどこにするかというのと同時に、バスパワーを切るためには…

AKI.DAC基板をよく見ると緑色のポリスイッチがあります。


こいつを慎重に取り外しまして…(かなり柔らかい)

自分は抵抗の足のリード線を薄く叩き延ばして小さなヘラを作りました。



usbdac2 (8)



えいやと立たせてはんだ付け(笑)




usbdac2 (6)



そしてリード線を取り付けます。 かなり細かい作業です。



細かい作業ついでに、LED配線もぺるけさんの記事を参考に変更しました。



usbdac2 (5)




PCがDACを認識した時に光るLEDに並列にリード線をつけフロントのLEDを光らせます。

おまけに外部電源用のLEDも新たに追加します。



usbdac2 (4)


usbdac2 (1)



これで外部電源がきているかという確認と、

スリープ後にDACも復帰できているか視覚的にもわかるようになりました。




usbdac2 (3)




2sc3421はケースの空いた所に直接固定することにしました。

移動前は割と高温になってしまうため近くのコンデンサまで熱くなっていたので、

熱設計的にどうも気持ち悪かったのです。



usbdac2 (2)



なんとも狭苦しい限りですね…。

このケース タカチのHEN110420 はヒートシンク構造になっているので

稼動時もそんなに熱くはなりません。



で、結局スリープ問題はどうなったかというと…


短時間のスリープなら見事に再認識できるようになりました!


しかし長時間になるとまた見失いました!!



なおってないのか~っ!!



ちなみにデバイスマネージャーのUSB HUBの設定で電源の管理のところにある

「電源の節約のためにコンピューターでこのデバイスの電源をオフにする」

という項目ではチェックを外しています。


なんとなくPCの方からの電源のオンオフははっきりさせた方が良い気がしたので。


まあ副作用としてセルフ電源による「なんとなく高音質になったかなという

プラシーボ効果?」だけは手にいれることができました。わ~い


今回の工作の一番の肝は、ポリスイッチをうまく取り外せるかどうか!

って所でしょうか。


表面実装部品はなかなか扱いが難しいですね~。









ネッツのシューズ当選

kutsu2.jpg





うちのかわいい奥さんと行きつけのネッツのお店で

アンケートを書きました。内容はなんだったけな…。


そしたら景品のシューズが当選しちゃいました。

ちなみに奥さんの方ですが。ニューバランスのMRL 996

というものらしいです。鮮やかなブルーが美しい。



kutsu.jpg



中を覗くとしっかりとNetzの文字が!

奥さんによるとスエード素材なので今すぐ履かず、冬に考えるそうです。

というより、オークションで売れないかな~とか言ってたような…。




プロフィール

Nog

Author:Nog
エフェクターやアンプの自作、
電子工作などが好き

最近は車のメンテに
はまっています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR