FC2ブログ

ムーヴ号のサスペンションについてあれこれ考えてみる その3


そういえば今月は車検の時期だったので、馴染みの整備工場に頼んで

無事に問題なく帰ってきましたムーヴ号。



その後運転しているとちょっと違う感じがすることに気が付きました。


それは何となくフロントがしっかりなったような気がするなというポイント。


そこでハッとひらめいてフロントのタイヤの空気圧を調べてみると

整備に出す前より 20kpa 程高めに空気が充填されていたんです。 





ムーヴ20150311 (17)





う~ん、やっぱフロントがふわふわしてたのは気のせいじゃなかったかも?



考えてみれば、タイヤの空気圧によるクッション性も

バネとダンパーが持っているサスペンション性能に加えていいのかな。



例えば、柔らかめのサスの場合は空気圧を高めにしたり

     固めのサスの場合は空気圧を下げてみたり。(適正な範囲内で)


あくまでも微妙な調整でしかない気もするけどね。







ところで前回までさんざん考えていたスタビライザーを新たに取り付けたとした場合、

カーブなんかで曲がる際に以前より車体のロールが少なくなるはずです。





bose08.jpg
(引用 http://av.watch.impress.co.jp/



(↑はイメージです)


ということは、外側のタイヤに掛かる荷重移動は大きくロールした場合に比べて少なくなるはずで、

グリップ力は下がってしまうのではないかと考えました。


でも4輪でグリップできてれば大丈夫じゃん、とかも言えそうだし…。


そんな時に↓のHPを見つけました。


ウェット路面ではなぜ柔らかい足にするのか




こちらのページによると、雨の日なんかではタイヤの面圧(グリップ)が高い方が

滑ってしまわないようにするには重要だと。

そのために荷重移動が行われる柔らかいサスが安全性が上がるらしいです。



つまりスタビなんかを付けてサスペンションを(カーブで)硬めにするなら

よりグリップ力のある良いタイヤが不可欠になると思うのです。






サスが柔らかいと平道でのクッションは良さそうだし、

カーブでスピードを出してると怖いから自然としっかり減速するようになるし、

操作がクイックでないので未熟な運転でもカバーできそうだし、

安いタイヤでも雨の日の安全性も少しはマシになりそうだし、


と、あながち純正の設定もまるっきりコスト削減のみ!と強くは言えない気も

なんとなくしますが…。  



やっぱりムーヴ号でも純正より少しスポーティな、若干硬めくらいの設定での走りにも

興味が出てきています。




というわけで、純正装着よりちょっとだけ良いタイヤが気になる今日この頃。




main_img.png
(引用 BRIDGESTONE CORPORATION






タイヤって影響力大きそうだし、頑張ってみてもいいかな~。


スポンサーサイト

ムーヴ号のサスペンションについてあれこれ考えてみる その2


さて、スタビライザーの付いていない我がムーヴ号ですが、

なんで付いていないのかっていう理由の大きなものに部品のコストがあると思います。



調べたところによると、ダイハツディーラーでスタビ関連の部品を注文すると

17000円くらいは掛かったとかいう記事もありました。


メーカーでの製造の際にはそこまでかからないとしても、これを無くすだけで

そこそこのコストカットができるはずです。


ターボ用以外のグレードなら必要なしとの判断だったのでしょうか。





しかし、我がムーヴ号(L175S)より新しいモデルのムーヴ(LA100S)の後期型と

現在発売中のムーヴ(LA150S)では、4WDの物を除くと


全グレードで前後スタビライザー標準装備  となっているのです。


(4WDではフロントのみ)



走行性能をアピールする為に、新型には全グレードに付けたほうが良いと

判断したの可能性もあるね。

その分のコストは他の部分で削減して補っているみたいです。



まあ、スタビは舗装の状態が良くない所では効き過ぎてしまうという

副作用もあるらしいのですが、一般的な走行においては

スタビを付ける方がサスペンションのセッティングの幅が広がると思われます。


やっぱりできれば付いていた方が良いパーツなのかもと想像されますね。




ちなみに、


スタビで何が違うの?っていうのは

スタビライザーのあるなしで変る、車の操舵フィーリングとは・・・!?

ってHPがわかりやすく解説してあります。(全3回)






それでは、スタビ有り無しのサスペンションはどう設定されているかというと

こちらの「サスペンション開発日記」というブログが参考になりました。





同じダイハツで現在発売中のタント(LA600S)では、スタビ無しのグレードと

スタビ有りのグレードが分けられてます。




これによるとスプリング自体のバネレート(硬さ)が違っていて

スタビ無しのほうがスタビ有りより硬めになっているようです。

ほどほどの運転しやすさと乗り心地といったところでバランスさせているようですね。



スタビ有りだと、スタビでバネ定数をプラスできる分はスプリングを柔らかくして

更に操作性と乗り心地を調整しているといったところでしょうか。



ダンパーに関してはスタビ有りのほうが減衰力が高め(硬め)になっているとのこと。


「タイヤサイズも違うので」ってかいてあるのは恐らくだけども

スタビ無しの14インチよりインチアップした15インチのものになっていることから

薄くなって低下してしまうタイヤのバネ機能を、ダンパーを硬めにして補うとのことではないかな。






ちなみにスタビ有り用のダンパーにだけ固定のためのブラケットが付いており、

スタビ無し用のダンパーのままではスタビは取り付けできません。



と、いうことは我がムーヴ号にスタビを付けるには

スタビ有り用のダンパーを用意しないといけないと。

ただ硬めのスプリングがそのままだとバネが強くなりすぎる恐れもある。



ダンパーとスプリングやその他部品がセットになっている

フロントストラットASSYというのもある。(片側15,000円位らしい)

これには柔らかめのスプリングも含まれているため、

同時にスタビも付けないとバネが弱くなってしまうかもしれない。



つまりスプリングとスタビライザーはセットで考えないと純正のバランスは

変わってしまうんだね。



さらにリアに関してはターボ用の純正スタビはトーションビーム内に溶接されていて

NA用では後付けができるようにはなっていない。

ただ、社外品のD-SPORTにはリヤパフォーマンスバーというものがあって

51503-B160という品番であるけどなんと 25,000円程もする。



すべて新品で揃えて前後スタビライザーを実現しようとすると

かなり高額になってしまうね。


なんとかフロントだけでも付けてみたいけど、純正ダウンサスで車高が

変わってもおかしくないのかどうか。



もうすぐ10万キロだから何か手をつけてやりたいな~。

ムーヴ号のサスペンションについてあれこれ考えてみる その1


ムーヴ号のリアショックアブソーバーを交換して

明らかに変わった乗り心地を味わうにつれ、サスペンションについて

いろいろと勉強してみた。


きっかけはフロントのショックも交換したいなと思っていたから。


まず、ムーヴ(L175S)のフロントサスペンションには2種類あって

NA用とターボ用とに分けられる。


その違いも2つあって

1. NA用よりもターボ用のほうが車高が15mm低いこと

2. NA用 = スタビライザーなし

  ターボ用= スタビライザーあり


といった具合になる。


スタビライザーとはフロントサスペンションの左と右を繋いでいる金属のバーで、

コーナーリングで車が傾いた場合や、片輪だけ段差でサスペンションが伸縮する場面で

バーのねじれを利用したバネ効果を発揮する部品らしい。


両輪とも同じように伸縮した場合にはバネ効果は発揮されない。




スタビライザー01
(引用  クスコのwebサイト




車のサスペンションの主役はスプリング(バネ)であり、

その動きをサポートするのがショックアブソーバー(ダンパー)

っていうのは前にも勉強していたけど、


そこにスタビライザーもバネ効果を付加させる部品として追加されるのね。



じゃあコーナーリングでバネが硬くなると何が変わるかっていうと

車体のロール(傾き)が小さくなって、挙動も安定するんだね。



本来は、スプリングは硬くない方が乗り心地は優しくなるのだけど、

コーナーでの安定は確保したいので、その時だけバネを硬くする

ってのがスタビライザーの役割ということかな。



こちらのHPにわかりやすい解説がありました →「バネを硬くすると、なぜクイックになるのか?


これを読むと、どうもあまりにもバネが硬くクイックな挙動というのもそれはそれで問題が

ありそうな感じです。


たぶんだけど、スタビライザーにはそのための仕掛けがあって

それは上の画像にもあるスタビリンクとブッシュなんではないかなと思う。


つまり、スタビを効かせたいけど急に効くと挙動がクイックになりすぎるので

スタビリンクとブッシュで緩和してあげよう。ってところかな。


みんカラなんかでも、これらを交換してサスペンションのチューニングを

している人がいるみたいです。




ところでなぜ、こんなにスタビライザーのことを勉強したのかというと

我がムーヴ号はNA用でスタビが付いていないのです。


なんか付いていた方がいろいろ良さげな部品なのにそこんところどーなのか!


との思いからまた調べてみました。


その2につづく
プロフィール

Nog

Author:Nog
エフェクターやアンプの自作、
電子工作などが好き

最近は車のメンテに
はまっています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR