FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーヴのタイヤローテーションを行う。


最近めっきり寒くなってきましたが、車検から半年が過ぎ

ムーヴのタイヤローテーションをすることにしました。


作業の方は 

あらかじめサイドブレーキを掛けて全てのタイヤのナットを緩めておき →

輪止めをしてジャッキアップ → スタンドを掛けて一輪ずつ交換   

と相変わらずちまちまと進めていきます。





タイヤローテ (10)



今回も活躍してくれる便利グッズ達。

前回の初めてのローテーションの時の後で買ったフロアジャッキとジャッキスタンドを

新たに使ってみようかと思います。





タイヤローテ (9)



そしてこちらは

おそらく初登場のどこにでもありそうな鉄パイプ(農業用)です。

だいたい500円くらいだったかな。




タイヤローテ (8)




外径が31.8mmで厚みが1.6mmのようです。

それがどうしたと思われるかもしれませんが実は、これには意味があるのです。



最初の行程のナットを緩める際にさっそく鉄パイプを使います。




タイヤローテ (7)




まずホイールマスターレンチと鉄パイプを合体させます。

ちょっとだけレンチの持ち手を削って調整しました。





タイヤローテ (6)






その驚きの効果はというと、


絶妙のクリアランスによる合体によってがたつき等の違和感なく

すんごく軽~い力で固く締まったホイールナットを緩めることができます。

インパクトレンチいらずといえるでしょう。



このパイプは以前に買っておいたものなんですが

これだけの事のためにこのサイズのパイプを求めてホームセンターを

5軒くらいハシゴしました。 途中で私は何をやっているんだろうという

漠然とした思いになりながらもやり遂げました。



ただし、取り回しは若干悪くなる(そこそこ重い)ので、早く作業するのには

向いていません。この辺は課題が残る所。


ちなみにこのパイプはフロアジャッキにも使えるのです。

およそ半分くらいの力で楽々と車を持ち上げられます。





タイヤローテ (3)





さて、ジャッキで持ち上げたらスタンドを設置します。

フレームの頑丈そうなところを選びました。


スタンドだけでもいけるかもとは思ったんですが一応の保険で

スペアタイヤを落下防止に使いました。


年に多くても2回の行事なんで安全第一で。



後は一輪ずつ入れ替えていきますが、せっかくなんで何となくの点検をしていたところ

ちょっと気になる物が見つかりました。




タイヤローテ (4)





こちら右前輪のタイロッドエンドブーツですが、よく見るとゴムにひび割れが

あります。グリスは出てないようですが寿命が来ているようです。





タイヤローテ (5)





これはたぶんロワアームのジョイントのブーツ?かな。

ひびはないけど同じゴムなのでかなり劣化してきているようです。


もう走行距離10万キロを超えてるので是非換えてあげたい所。

予防整備でやっとかないとジョイント部分にガタがきて部品代が高くなるそうです。





タイヤローテ (2)





とりあえずタイヤを付け換えたらナットをトルクレンチで締めて完了です。

無駄に丁寧に最初は80N・mで一度全て締めてから、最終的に103N・mで締めます。

さらに試走してからもう一度チェックとします。  外れたら怖いからね。





タイヤローテ (1)





ついでにタイヤの空気圧も調整します。

だいぶ減っていて2.1kPaくらいになっていたのでフロント2.5kPa、リア2.3kPaにしました。


あくまでも手持ちのゲージによる数値ですが

乗り心地がガラッと変わってびっくりしました。

月一くらいで点検したほうがいいようです。




今回のローテーションは前回よりもかなり早く作業することができました。

とにかくフロアジャッキが便利です。

そして鉄パイプが大活躍。


また楽しく作業できるように色々と考えてみようと思います。



スポンサーサイト
プロフィール

Nog

Author:Nog
エフェクターやアンプの自作、
電子工作などが好き

最近は車のメンテに
はまっています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。