FC2ブログ

エンジンオイルの選び方を考える (マニアック編)


今月はムーヴ号の車検のタイミングで、いつもの整備工場さんに依頼。


最近はエンジンオイルを自分で交換していたけど、たまには頼んでしまおうと思ったので、

オイルのみのつもりで言ったはずだったのに、エレメントも同時交換してありました。 えっ!てなった。


それはまあ次回に楽できるからいいんだけどね、 驚いたのはオイルのメーカーが変わっていたこと。






ワコーズオイル






車業界でも有名なWAKO'S(ワコーズ) のステッカーですね。  

和光ケミカルという会社の、比較的に高価格だけど品質の高いブランドだっていう

浅~い知識はあります。

1,500円~ / 1L くらいからの高級オイルがラインナップされているイメージ。




いつもの整備工場さんでは、色んなオイルの種類があるというわけでないらしく、

だいたい1,000円 / 1L (工賃込)くらいの、そこそこのオイルを入れてもらってました。


今回も3Lで3,000円と価格は変わらず。


「ちょ、待てよ! ワコーズなのにそんなんでいいのか?」


と、思って調べてみると何てことはない、いつものウィキペディアに書いてあったよ。




和光ケミカル wikipedia


商品の販売は業販が中心で、ホームセンターでは取り扱いが無く(惜しい!)

エンジンオイルには価格の高いマニア向けと、コストに厳しい業務用向けがある。  らしい。



なるほど、たぶんムーヴ号には業務用のオイルを入れたんではないだろうか。

というか、損してまで仕事するわけないから間違いないな。




と思ったので引き続き調べると、 公式HPには業販オイルの情報はなかったけど、

ちらほらと他では見つかりました。


WAKO'S EX-CRUISE SPECIAL  ってのが1,000円 / 1L程度(販売時)の物らしいです。


今回のEXクルーズスペシャルは API:SN 規格で恐らく 5W-30 だと思います。

ここの工場はいつも 5W-30 が定番だから。



まあね、そんなの工場の人に聞いたらすぐわかるやん、と自分でも思うけど

「ワコーズにしたんですね、良いやつですよね。」 ぐらいしか言えかった私。


どうもプロに対してマニアックな事を言うのは恥ずかしいんだよね・・・。





----------------------------------------------------------------------------------





さて、ここからがタイトルの「エンジンオイルの選び方」 について。


基本的には以前に書いた、車の取り扱い説明書にある純正オイルと同規格品を選ぶのが正解ですね。




メーカー公式サイト - { 「アミックス」エンジンオイルのご紹介 } - Daihatsu Motor Co.,Ltd.






今回も色々と、オイルについて調べていたら発見がありました。

それは、「粘度の表示では、純正と同等以外でも、(条件付きで)使用できる」

ということです。


ふわ~っとそんな気はしていたけど、だいぶポイントがつかめました。

オイルの粘度について前回よりもうちょい深く考えてみます。



                        │
                        │
                        │
                        │
                        │



oil粘度 3







例えば、マルチグレードオイルの  5W-30  という粘度表示でいうと

5W は低温時の粘度で、 30 は高温時の粘度というのはわかってました。




オイルの元々の性状として、低温時に固く、高温時に柔らかくはなりやすいんだけども、

できるだけエンジンの性能に合った粘度をキープできるように、温度変化に強いオイルが

良いオイルということで、マルチグレードのオイルが作られたんだったね。







oil粘度 2
(引用 一般社団法人日本自動車工業会






ただ、オイルにはちょっと値段が高めの物になると、 0W-30 とかいう表示の物があります。

そうなると純正の 5W-30 とまた違うので、いまいちよくわからない。



この 0W のところが 5W よりも数字が小さいので、何となく全体的に

0W-30 の方が 5W-30 よりも柔らかいオイルだみたいな気がしてきませんか?



それは低温時を見ると確かにそうなんだけど、高温時でみると同じ 30 なので

オイルの使い方の肝心な所(走行時)では、ほぼ変わってないんですね。



オイルの粘度自体は一つのものなので、この場合でいうと 0W-30 の方が

 5W-30 よりも低温時に固くなりにくく、粘度変化が少ない =  より高性能なオイル 

ということになるんです。



低温時に固くなりにくいといえば、純正にもある 0W-20 と同じなんだけど、

低温時の始動性を確保しながらも、 0W-30 の高温側は 30 になっていますよね。



やはり 0W-20 よりもワイドレンジなので価格も高めになると思われますが、

主に始動性の良さ、暖気の早さなんかがアピールポイントでしょうかね。

それでいてターボ車にも対応できるよ、という所。


というわけで、 ムーヴ号でも 0W-30 のオイルは問題なく使えそうです。



(参考HP Narrowde OilCafe 様)



                        │
                        │
                        │
                        │
                        │




今度はこれが、 5W-40  となると 5W-30 と比べて 40 になってるから固いオイルだと

ぱっと見て思いますよね。



これはある程度その通りで、低温時は 5W-30 と同じ位なんだけど、

高温時の 40 で見ると粘度が高めになります。


基本的にオイルは粘度が高い方が、潤滑力が高いというイメージでしたね。


この場合の潤滑力は、熱による粘度低下を起こしにくいという感じです。

エンジンオイルの粘度が下がり過ぎて、エンジンにダメージが出る可能性が低い。


ムーヴのターボ車の高温側の粘度は 20 ではなく 30 が、純正での設定でしたが

40 はさらにその上をいく固さになります。



エンジンオイルの本分はエンジン保護の潤滑なので、粘度が高めであるというのは

サーキット等でレースをしたり等、通常よりも熱が上がりやすい使い方の車なら容認できるみたいです。


ただ高温時の粘度が高過ぎると、冷却の性能が落ちる傾向などがあるみたいで、

極端に変えると別の不具合が心配になります。


そもそものメーカー仕様では、ターボ車でも 30 の設定だったので、

NAのムーヴ号では 40 の粘度だと上げ過ぎかなという感じがします。



                        │
                        │
                        │
                        │
                        │




要するに、エンジン保護の観点からみれば


純正の設定よりも、高温側の粘度表示を下げるのは避けたいけれど、

粘度を上げるのは、特殊な使用状況下ならばある程度までOKかな?って感じでしょうか。




同じように低温側の粘度表示を上げるのは、

エンジン始動~暖気時に、潤滑が必要なところで必要な柔らかさが得られずに、

エンジンにダメージが出る可能性もあって避けたいけれど、

粘度を 5W から 0W に下げたりというのは、始動時の摩擦低減効果からみるとOK。




さらに、 0W くらいのオイルになると、ベースのオイルの温度特性が良いので

例えば、 10W-30 よりも 0W-30 の方が100℃以上時の粘度が高く保てるそうです。


(参考HP Eine bequeme reise 様)



いずれの場合もオイル製造のコストが上がるので、純正指定の粘度表示から変える場合は

やっぱり価格の方も高くなるのが多いもよう。  





そもそもオイルの粘度は、エンジンの加工精度やクリアランスなど、製造したメーカーが

熟慮の末に決定されているはずだというのを忘れてはいけないですね。



自動車メーカーも色んな実験や検査なんかを繰り返し、また色んな車の使われ方なんかも

考えた上で製品や規格が作られているんだよね。



だから、いわゆる普通の車の使い方をする人は、特に純正の指定に沿ったオイルを選ぶべき

普通じゃない人には、最低限このぐらいのオイルの知識が必要になるんだね。






                        │
                        │
                        │
                        │
                        │





今回は「マニアック編」ということもあるので、もう少しだけ補足がありますよ。

オイルの粘度表示には、実はまだ秘密があるのです。




例えば純正指定の粘度表示を選んだとしても、オイルのデータシートがある場合には、

まだもう少しディープに粘度について見ることができる項目がありまして、

それが 動粘度 という項目です。





oil粘度
(引用 一般社団法人日本自動車工業会





粘度表示の値はこの動粘度の数値をもとにして、区分をされているんですね。



これはオイルのデータを公開されている場合にのみ見ることができますが、

40℃ と 100℃ の二つの温度時の粘度が、具体的に数値で書かれています。





oil粘度 4
(引用 トヨタ自動車






↑のデータは トヨタの  CASTLE SN 5W-30  という純正オイルのものです。

一番下に動粘度について書かれています。  



ちなみに、同じオイルメーカーの 同じ粘度表示のものでも、銘柄(グレード)が違うと

動粘度はだいたい数値が異なってきます。




つまり、高温側の 30 の表示だけを見てみても実際の固さでは幅があり、

9.5~12.5 (mm2/s)  までの数値のものが当てはまるので、

粘度表示でいうと、20よりの30とか 40よりの30とか 色々あるということです。



オイルを変えると何となく、エンジンを回している時のフィーリングが変わってると思うんだけど、

粘度によって違うんじゃないかという気がしますね。





低温側の 5W とかの動粘度は、数値が低いほど低温側の温度変化に強いということで

高性能なオイルの目安となるようです。






この動粘度の数値がわかれば、マニアックな使い分けができて、

例えば同じ粘度表示( 5W-30 )のオイルでも、夏と冬で銘柄を変えてみたりとか。

まあけっこう面倒くさいですが、気分的にはね。



それよりも、純正オイルではない他社のオイルを使ってみたい時に、

自分のフィーリングと動粘度の数値を照らし合わせたりしてみるのが

面白いのかもしれないですね。




ちなみにデータシートに粘度指数(VI)という項目の数値が書いてあれば、

単純比較でその性能の違いを見ることができるようです。 





まあ恐らく、こんなことを気にするのはカーマニアの中のオイルマニアぐらいだろうと思われるし、

結局、高いオイルは買えないんだけども、自分もマニアの入口は垣間見た気がしますよ。






-------------------------------------------------------------------------





だいたい普通は粘度がどうこうより鉱物油なのか化学合成油なのかとかを

気にする方が多いよね。


そういう私もちょっとは気になりますが。



ただこれはもう、一部の怪しげな物以外なら、値段が高いオイルが良いオイルであるのは

ほぼ間違いないし、 相性も色々あるだろうから。


純正以外を選ぶのならば、結局はお財布と気持ちをご相談って感じだから

なんとなく気分で変えてフィーリングを楽しんだりしてみると良いよね。





                        │
                        │
                        │
                        │
                        │





最後に、冒頭のワコーズのオイルの感想なんだけども、

その前に使っていたコメプリ 5W-30 と同等か、少し柔らかい感じがしています。


気温が最近は上がってきたってのもあるけど、始動時の掛かりが良くなって

更に暖気するまでの時間が短いと思う。



ムーヴ号の始動時のエンジンの回り方が、なんとなくだけど軽く感じるという。

あれ、これは新油効果か?



それでいて走行時には極端に変わった感じは無く、若干エンジンがスムーズに

回るな、ぐらいで感触は良好です。  やっぱ 5W-30 だわ。




これらも気のせいと言えば気のせい・・・・いや、違うな。

エンジンが回っている時の感じの音とか、アクセルを踏んだ時の微妙な変化なんだけど。



ムーヴ号のエンジンは 0W-20 でも対応する省燃費エンジンなので、

同じ 5W-30 の動粘度でも低めの方が相性が良いような気がしてきました。



世の中には色んな銘柄のオイルがあるので、探してみようかなと思います。

でも、次はコメプリまだもう一回分あるから、それを入れちゃうよ。 夏頃かな~。




スポンサーサイト

タイヤの取り外しで格闘!


今の所は無事にタイヤ交換を済ませているムーヴ号。

初DIY交換で大きなトラブルも無く・・・と言いたい所だったけど、

大きな難所があったのでした。





タイヤ組み換え (14)






それが今まで使っていたタイヤの取り外しです。


タイヤの組み込みで大体の手順は把握できていたんだけど

取り外しにはまた違った工夫が必要でした。


やることは単純で、


①、ビードを落とす

②、タイヤの片面を外す

③、もう片面も外す



まず、①のビード落とし。 これがまあ大変で簡単には落ちてくれない。

上の画像はタイヤレバーを交互に広げて、円周で回りながら徐々にビードを押し下げている様子。


ビード部には556をかけて外れやすくして、ひたすら続けているとやっと落ちてくれる。






タイヤ組み換え (12)





次に②の片面、ホイールの表面をめくって外す。


ここでビードヘルパーを使うと、とても作業しやすくなる。

三行程のうち最も簡単な感じ。

ただ、ホイールのリムに傷をつけたくないので、リムプロテクターは必須となる。





タイヤ組み換え (11)






ここで万全を期すならば、リムプロテクターは2つではなく4つあればさらに簡単と思います。

最初に嵌めたまま、タイヤの半周近く捲ったらスムーズに外れます。








タイヤ組み換え (10)






③の裏面もホイール前面から外す。

長めのタイヤレバーをタイヤの内側から突っ込み、ぐるんと上から廻してタイヤを押さえ込む。


これが結構力技でなかなかに疲れます。

YOUTUBEなんかではこの状態からリム付近のビードをゴムハンマーで叩いて外していたので、

最初の一本はそれでやりました。





タイヤ組み換え (9)






でもしんどいなって思って、ゴムのドアストッパーをビートとリムの間に入れて叩いてみました。


これも直接タイヤを叩くよりかは少しマシなくらいでまだしんどい。


色々やった結果の一番のポイントは、ぐるんと廻して押さえ込んだタイヤレバーを、

手で押さえ込むのではなく、太ももかお尻辺りで思い切り押さえ込む事でした。


体重を掛けて押さえ込めば、ハンマーで軽く叩くとすぐ外れます。




この時、タイヤレバーには十分な養生をしておく必要があるでしょう。

自分は全くやってなかったので、あろうことかホイール表面に無数の傷が・・・。


「大丈夫、失敗も思い出さ・・・(涙目)」



さらに追い討ちをかけるように外したホイールを確認すると、





タイヤ組み換え (8)






おや、何か付いているのか・・・

更に拡大すると、





タイヤ組み換え (7)





これはっ!!

最初のビード落としでついた傷だね。


ほぼ前週にわたり無数についた傷は、なかなかにテンションを下げてくれましたよ。

あとでタッチアップでもしてあげようかな。



しかし、この時すでに3本は外し終えていました。

最後の4本目だけは別のやり方も試してみました。






タイヤ組み換え (6)






どこにでもありそうなアルミの脚立です。


こいつを使ってビード落としに挑戦。






タイヤ組み換え (5)






こんな感じに自作した当て木をして、上から押さえてみると良い感じにビードが下がります。

ある程度何ヶ所か下げておいてから、思い切り押さえるとバコッとビードが落ちました。



最初からこっちの方法にすれば良かった・・・・。



というかビードブレイカーを買っておけば良かった・・・。



やっぱ良い道具がないと仕事はうまくいかないね。





現在はちまちまと暇をみてホイールのタッチアップ作業中。


内部の補修は見栄えをきにしなければ簡単なのでいいけど、

ホイール表面の傷はタッチアップの色が全然合わなくて苦戦を強いられております。





プロフィール

Nog

Author:Nog
エフェクターやアンプの自作、
電子工作などが好き

最近は車のメンテに
はまっています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR