FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーヴ L175S エアフィルター プラグ 交換 

すっかり最近は車のブログになっていますが

年の瀬に初めて自分で車の整備をしたので記録します

DVC000231.jpg


まずエアフィルターから

左が新品で右は今までついていたもの

今まで交換した記録がないので77,343kmも未交換かもしれない

ダイハツの推奨交換時期は40,000kmになっている

一応50,000kmの時点でディーラーで車検をとってあるがどうなんだろうか


一見、そこまでの汚れはないかなと思い裏返すと

DVC000221.jpg


おや、これは…

DVC000211.jpg


はい、虫です。すんげー汚れてます。

ちなみにL175Sでの交換はものすごく簡単で

DVC001261.jpg


エンジンルームの上のほうのあるBOXの4つのピンをはずして

DVC001251.jpg

手前に引くと外れます

DVC001241.jpg


なかのフィルターをびろ~んと外して入れ替えるだけ。女性でもできます。

ただ右側のエンジン吸気側に異物等落とさないように注意しましょう。


続いてスパークプラグの交換、こちらは専用工具が要ります。

DVC000271.jpg


ちょっと見にくいですが中央にあるのがプラグレンチです。

31xTqkjCkfL.jpg


今回用意したのは エーモン K185 プラグレンチ T型ロング  16mm 対応

10mmのスパナ、マイナスドライバーです。


DVC001261.jpg

まずエンジンルームの真ん中のパーツを外しますが

DVC000191.jpg

ピンが一つあるのでマイナスドライバーで起こして外します

画像のドライバーは小さすぎて大きいのでやり直しました。

後はパーツの右側を上に持ち上げて固定部分を外し、

手前にぐりぐりやってるとスポンと取れます。

DVC001181.jpg


3つあるのがダイレクトイグニッションの点火コイルです。

最初にそれぞれのカプラーを外しますがすごく硬いのでマイナスドライバーで

そーっと爪を持ち上げながら外したのですが、一番右の爪がちょっと斜めに外れました。

折れそうで怖かった… 自己責任です。きっと前に外した人が悪いんだと思い込みます(笑)

あとは10mmのボルトを外して上に引っこ抜くだけです。

DVC001171.jpg


プラグレンチをズボっと差し込んでえいやと回すとプラグは外れます
 
左が消耗したプラグでNGK LKR7C、右が今回用意したNGK イリジウムMAX LKR6AIX-P になります。

定価は1800円ですが、通販のセールで900円だったので奮発しました。

02.jpg


LKRのあとの7が6になっていますがこれは熱価です。

プラグメーカーのNGKによるとダイハツからの要望で変更になったらしいです。

NAエンジンの KF-VE型 ではLKR6AIX-P

ターボでの  KF-DET型 ではLKR7AIX-P  

DVC001161.jpg


エンジンについていた順に並べてみると割と絶縁体の焼け方は揃っているような

外側電極の白いのは何なんでしょうか?まぁとりあえずは

エアクリーナーが古かったのでいまいち参考にはせずに次回の点検で様子を見ようと思います。


なんせイリジウム MAX は普通車で10万㌔はもつという触れ込みですので

軽自動車でも5万㌔は大丈夫なはず!


ちなみにエーモンのプラグレンチはなかなか使いやすかったです。

新品時の取り付けでガスケットが座面に当たってから1/2回転というトルクの掛け方で

ぎゅっぎゅっと締めていくとちょうど1/2で回らなくなるという感じでした。

ガスケットの潰れる感じもよくわかり、ちょうどいい長さといい

その辺も考えて太さなど決めてあるのかなとおもった程でした。

次回の点検時はガスケットが再使用という形になるので、1/12回転の回転角です。


さて、気になるインプレですがまずエアフィルター交換の体感はかなりあります。

とにかくエンジンが軽やかに回ります。劣化した状態からだったので余計にそう感じるのでしょう。

さらにプラグの交換でエンジンの振動が激減しました。

イリジウムが効いてるのか、新品プラグだからなのかはわかりませんでしたが

660ccが小気味良く回り且つ滑らかです。パワー感はあまり変わりませんが高回転まで回すのが

苦にならないので結果的に実用トルクも上がると思われます。

このフィーリングを忘れないようにしたいですね。


今回、参考にしたHPがコチラ  エアフィルター交換

                   プラグ交換



追記

昔のキャブレター式とは違う最近のインジェクション式の燃料噴射方式では

絶縁体の碍子部分は白っぽいというか灰色がかった焼け方になることが多いらしいです。


今回のプラグには黒っぽい部分が少しあったので、熱価を下げて燃焼時の碍子の温度を

上げることで自己清浄作用(カーボンを燃やす)で次回の点検時は白っぽくなるかも

しれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nog

Author:Nog
エフェクターやアンプの自作、
電子工作などが好き

最近は車のメンテに
はまっています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。