FC2ブログ

USB-DACでの勘違い発見

この所、秋月のUSB-DAC [AKI.DAC-U2704 REV.C]を使ってて

PCのスリープと相性が悪い件をネットでさんざん調べていましたが、

PCの設定が悪いのかとばかり思っていました。


USBバスパワーをPCからではなく外部電源からにしてみても

さっぱり効果もなく途方にくれかけた所で、ひょっとしたら

DACのICであるPCM2704の設定の方もなんかあるかなと思い

検索してみるとえらい勘違いを発見したのです。


それは…


バスパワーからセルフパワーにしたと思っていたら

セルフパワーモードでの外部電源供給に過ぎなかった!



ということです。


どういうことかと言うと、

PCM2704から見たバスパワーモードとセルフパワーモードでは

周辺の回路構成がそもそも違うのです。


そしてその回路構成を変えた上で外部電源を5Vと3.3Vの両方を

用意することがセルフパワーモードでは必要なのでした。



では前回の改良は何だったのか?

何をしたのか?っていうと単純に、

セルフパワーモードで、USBからの5Vでなく外部電源からの5Vの供給に

切り替えただけなのです。


では回路構成が違うってどう違うのか?

詳しくは参照のHPに書いてありました。


 (参照1  http://www20.tok2.com/home/easyaudiokit/teatime/teatime1.html)

 (参照2  http://l63g.com/2011060836.html)
 

 dac pw setting
引用 http://www20.tok2.com/home/easyaudiokit/teatime/teatime1.html


ものすごくわかりやすい図だったので勝手に引用させて頂いてますが


Aki dac



秋月のDACの回路図を確認してみると…


そう、セルフパワーモードで構成してあります。(PCM2704から見て)



AKI.DAC-U2704はUSBバスパワーからの電源を使って

PCM2704をセルフパワーモードで動作させた構成である



ということですか。あ~ややこしい。


USBのバスパワーだけで動くので、ICの動作もバスパワーモードだと

完全に勘違いしていました。


そういえば、ぺるけさんのHPにもそんな風な記述があったような…。


で、条件の図と回路図を見てて気になるところが、

9番ピンは1.5kでVDDにプルアップすべきと書いてある所でして


(プルアップとはデジタル回路において+の電位を繋いでおくこと)


AKI.DACでは元々はVBUSへプルアップされていて、

現在は常時電源供給OKのVBUS(セルフ)に繋がっています。

これはセルフ電源のオンオフを認識したいのかな?

大事なのはスリープからの復帰だけど。



まぁどちらもスリープに入ることは忘れないのに

そこから復帰することができずにいる。

いや、USB HUB ではなく普通のポートなら正常なんですが。


常時電源だけを入れてもUSBを繋いでいない時にはもちろん認識しない。

繋いでおいて電源を入れなおすと認識する。


つまりPCM2704の認識のトリガー的な機能のHOST21番だけでは

認識したとはならず、電源がきた後でD+とD-の信号線で

何がしかのやりとりがあってようやく認識となるようです。



あれ、結局この勘違いはスリープ問題とは関係なくない


逆に正常なポートに繋いだ時にちゃんと動作できるのかな~?


実際に調べてみよう。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nog

Author:Nog
エフェクターやアンプの自作、
電子工作などが好き

最近は車のメンテに
はまっています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR