FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーヴ号の冬場のカチカチ音の正体が判明!(仮)


我が家のムーヴ号(L175S)には購入した時からの持病みたいな音が

エンジンから聞こえておりました。


それは冬場の朝などエンジンが冷えている時の「カチカチ」というか「カタカタ」みたいな

金属音で、回転数に合わせて鳴るので、「この車はタペット音が大きめなのかな?」

なんて思いつつも、エンジンが温まれば気にならないくらいに小さくなるし、

我慢しつつ乗る分には問題はなかった。



が、今年の冬はそこまで寒いというわけでもないのにまぁウルサイ

始動直後のアイドリングから、走行し始めてからしばらくはもちろんのこと

温まったかなと思っていても、ちょっと回転を上げると聞こえてくる始末。



8年目、8万8千kmの、末広がりの88888kmまでもう少しとなってきたことだし

いっぺんプロに相談してみようということで最寄のダイハツディーラーへ行くことにした。



ただここでひとつ注意点があって、

ディーラーといってもそこで車を購入したわけじゃないので

いわゆる担当営業の人というのはいない。



もう何度も足を運んでいるから整備をしてくれる人もいろんな人に当たっており、


異音の修理ですぐに故障箇所を見つけてくれて、さらにはその他の場所の

オイル漏れ等(しかも全部保証修理だった)まで見てくれる真面目な整備士さんから、


ブロアモーターの不良で保証対象なのを伝えても、頑なに「これでは通りません」と

言い張ってよく調べてくれず、(修理の見積もりはしてくれた)

更にはATFの交換時にオイルホースにクランプを挟んだまま忘れ&かなりデカイ工具を

エンジンルームに置き忘れする残念な整備士さんなど色んなタイプの人がいる。

(後に別の営業さんから連絡があり、ブロアは保証が通ってたらしい。

 たまたま未熟な整備士に当たってしまったのかな)





今回も異音の修理になるわけなので、前もしっかり見てくれた方にお願いしたい!

という事で指名して連絡を取り、訪れることになった。



ディーラーに着いてからしばらく待っているとその整備士さんが来られた。

約、一年ぶりに挨拶をする。



私 「お久し振りです。一年くらい前の保証修理ではお世話になりました。」


整 「はい、○○さんですね。それで今回はどうされましたか?」


私 「なんか朝一とかのエンジンが冷えているときにカチカチ音がするんですよ。

   温まると小さくはなるんですけど、最近ひどくなっちゃって。

   前に保証修理した時もちょっと話したんですけど」


整 「はいはい、たしかピストン、ショートブロック…交換で…」


私 「??? え~っと、なんかヘッドのガスケットをオイル漏れかなんかで交換

   したような感じですけど…」



整 「あ~っと、そうでしたっけ?ちょっと確認してみますね」


と言って、受付のPCを操作し始めた整備士さん。


整 「すいません、勘違いしてました。ヘッドガスケットの交換だけでしたね。

  それでですね、たぶんその症状だとエンジンのピストンとシリンダーブロックの

  所から音が出てる可能性が高いですね~。  でも大丈夫ですよ、

  10万kmまではメーカー保証が効きますから。」



私 「!!! それ本当ですか!これまだ88000kmぐらいですよ。」




実は、事前にネットでリサーチした際にその情報を目にしていた私。

言っている意味はすぐにわかった。

本来は、ピストンやシリンダーブロックなんてのはエンジン本体の重要部品で、

修理代はかなり高額になってしまう。


しかし、メーカー保証ならば費用はダイハツ持ちなので負担は掛からない。

ただ、もう8年目のムーヴ号。特別保証の5年はとうに過ぎている。

おそらく前回の保証修理と同様にこの部分も保証が延長されているんだろう。

保証対象の用件を満たしているかが不安だった私はちょっとだけ期待を持った。



私「いや~、自分はタペット音がちょっと大きいかな~なんて思ってたんですけど、

  ネット検索でピストンの音だったらやばいよっていうのを見たんでちょっと見てもらおう

  と思って来たんですよ。

  それと他にもバックの振動もまたひどくなった気がして、またマウントが悪くなったかなと。」




前回の修理ではマウントも交換だったのでこっちは少々自信をもって伝えた。



整 「そうですか。 じゃあ、ちょっと車動かして音を聞いてみましょうか。 」  




そして実際に助手席に乗ってもらいエンジンをかけてみる。



しかし、ディーラーに来るまでに走行していたことでエンジンが温まったのか、

いつも聞いている音がよく聞こえない。 焦る私。


私 「あれ~聞こえないですね?温まったからかなぁ…(汗)」



そう言いながら何度もアクセルをふかしてみてもよくわからない。

ブォーン、ブォーンと快調に回るムーヴ号。 さらに焦る私。

そこで整備士さんが冷静に一言。



整 「ちょっと走り出してみましょうか。その辺をぐるっと。」


私 「!!、わ、わかりました…。」



若干の不安を持ちつつ、店の駐車場から道路へと出ていく際にアクセルを踏むと

「カタカタ」 とあの音がわずかにするではないか! これこれ!この音だよ。



整 「あ~はいはい、これですね。多分、ピストンです。」




うわ~、本当かよ。3秒で答えが出てしまった。やっぱピストンなのか…。

それにしてもこんなにすぐわかるってことはやっぱりこの年式のエンジンには

よく見られる症状なのかもしれないと感じた。




その後、走行しながらピストンの動き方やピストンとシリンダーの部分の話

など音が出やすい原因を教えてもらった。




ネットでの予習と共に整備士さんの話をまとめると、


元々ピストンとシリンダーの間にはほんの少しだけすき間が空いており(0.01mmレベル)

その二つの接触部分にあるピストンリングによって潤滑や気密が保たれている。



すき間が空き過ぎのイメージ↓

piston.jpg引用 カーライフサポートネット





シリンダーもピストンも金属なので (アルミや鉄) 熱で膨張して大きくなるのを計算して

冷間時にもっともすき間が大きくなるが温間時には適正となるように設計されて

いるそうだ。


この時のピストンの動きは上下に動きながらわずかに横にも振れているという。

いわゆる「ピストンの首振り」というらしいが、まぁ正常な範囲ならば普通のこと

であるらしい。

この辺のクリアランスやフリクション(摩擦)は燃費に大きく影響するので

とてもシビアに計算されるものとのこと。



それでも距離を乗るうちに各部の磨耗等で隙間が大きくなり過ぎると

「カンカン」 「カチカチ」 「カラカラ」 という打音が大きくなり

圧縮抜けやオイル上がりなどの症状がでるということだ。



だからエンジンオイルはまめに交換するに限るってことだね。

潤滑、清浄の能力が劣化しすぎないうちに換えとかないと痛みが早い。



ウチのムーヴ号は中古購入時に5万kmの距離を走ってたということもあって

その後のオイルは5000kmごとに変えていたが、購入時の時点で既に音がしていた。

まさかそんな不具合とも知らずに買ったなんて。


ではなぜムーヴ号には早期からこの症状がでていたのか!!



ネットでの情報によると、

ムーヴ号のエンジンはKF-VE型といって2006年に発売されたエッセという車から

採用されたものと同型であるが、2009年頃に対策が施される前の初期型には

このピストンとシリンダー部分の不具合がよく見られるという。



初期型の不確定要素というか設計ミスというか、工業製品ならある意味しょうがないという

側面もある気がする。

大事なのはそれがわかってからの対応だと思う。



2007年製の我が家のムーヴ号はもうど真ん中の年式になるね。

前所有者のオイル管理はあまり良くなかったのかも知れないと思うと

ムーヴ号がかわいそうでちょっと心が痛む。

その分、私が大事に乗ってあげよう。



メーカーのダイハツは肝心要のエンジンの不具合ということで、10万kmという条件のみで

延長保証修理の対象にしてくれたのかなと、誠実な感じもするが


実際は、ダイハツのHPにその情報もなくディーラーに持ち込んで相談してみないと

わからないというのはある意味、不誠実という感じもする。



まぁ走行上の安全性に問題もないので異音に不満を持った人のみ対応すればいいだろう、

というかそうせざるを得ない理由があるってことだよね。(後述)





それでも温まれば問題はなく、オイル消費もないので本当に冷えている時期以外は

そんなに気にせずに乗れるのも事実なんだよな~。






そして続けて走行している時に、前からちょっと気になっていた

エンジンの2000回転付近での変な振動についても聞いてみた。



私 「ペダルから変な振動を感じるんですが…」


整 「う~ん、ATのギアの所ですかねぇ…。ワイヤーでも見てみるか…

   ちょうどギアの変わり目なのかもしれないですね。

   あとで点検してみましょうか。」




これは自分でも少々神経質過ぎるかもと思っていた部分。

そんな事でも真剣に考えてくれる整備士さんにちょっと感動した。






やがて店舗に戻り、駐車をする際にバックの「ゴトン」という音がするのを

聞いてもらった。



私 「やっぱマウントが悪いんでしょうか?」


整 「いや、これはたぶんこんなもんです。大丈夫でしょう。」


私 「!! そ、そうですか…。 (結構、自信ありげに言ったのが恥ずかしくなってきた…)」


整 「じゃぁ、ちょっと点検させてもらいますね。」




ピットへと連れて行かれるムーブ号。

テキパキと各部を点検してもらい、バックの音なども再確認してもらっているようだった。

おまけにタイヤのエアも補充してもらった。本当ありがとうございます。



戻ってきた整備士さんとまた話をする。


整 「エンジンのショートブロックという部品の手配に2週間ほど掛かりますので

   修理はそれからになります。 代車も手配しますので、18日頃にどうですか?」



私 「わかりました。よろしくお願いします。」




という事でムーヴ号の入庫予約をお願いしディーラーを後にした。




今回、非常に強く感じたのがやっぱりディーラーとひとくくりに言ってもその中でも

良い整備士さんに見てもらうことと、その人と話しやすいかということだった。


極端な話、異音の感じ方は人それぞれということもあるし、

見てくれた整備士に知識、経験がなければ不具合を発見することはできないと思う。


(ちなみに自分の場合は症状をまとめたメモを書いて、相談する際に渡している。

口でいっぺんに言われても伝わりにくいかなと思うからね。)




そして、別に保証が効くことが目的でその整備士さんを指名してるわけではなく、

お金が少々掛かってもいいから不具合が直ること、

もし直らなくても真剣に取り組んでくれるか? ということが大事だったりする。





お金が少々…





私 「ちなみにこの保証がなくて自腹の修理だとおいくらなんでしょうか??」


整 「え~っと、部品が20万くらいで工賃が10万くらいなんで大体30万円くらいでしょうね」




部品が20万!?



ショートブロックってなんなんだよ…、 ってか工賃も高っ!

しかしさらっとすごい事言うな~この人は。



そんなに修理代が掛かるならメーカーも積極的には交換はしたくないだろね~

神経質に気にしてみて良かったのかも。

エンジンのショートブロックについてはまた調べないと…。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> いきなりのコメント失礼いたします。
> ブログ拝見させて頂きました。
> 私もKFエンジンのタント(2008年)でエンジンのカラカラ音が気になって
> ディーラー(私は千葉県です)に行った所、ピストンの首振りを確認してもらったのですが
> そこの店だと保証対象外だと言われてしまいました。。。
>
> 場所によって違うとか、車種によって違うとかあるのでしょうか?
> ホントはNogさんの対応してくれたその素敵な整備士さんに直接聞いてみたいぐらいなのですが・・・
>
> 何かご教授頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。


遅いレスでごめんなさい。

こちらの保証はメーカーHPに記載も無いものなので、タントも同じかなんとも言えないのですが…

ディーラーでピストンの首振りを確認されたのなら原因もまず同じかなと思います。


自分が言われたのは保証対応は「10万kmまで」。(保証継続している場合)

ただし対応する整備士、又はディーラーごとの認識と対応は本当にバラバラだなと思います。


私の対応をしてくれた整備士さんは会話からもわかるように、同じ不具合対応を

既に経験されてたようです。


各ディーラーからメーカーへの交渉力とかもあるのかも知れません。推察ですが。

ただ、ネットでの知識を言ってもこちらは素人だということで生意気に思われそうですよね。


あくまでもディーラーの人の気を悪くしない程度に話しながら、他の人かあるいは

正規ディーラーの他の店に言って見るしかないかなと思います。

ディーラーにだって作業工賃の分は利益になることだと思いますし。


コメントされて2ヶ月以上経っているので既に解決されてたら良いのですが…。

暖かくなってくると音は小さくなるんですよね~。

Re: 同じ症状で困っています

非公開コメントですが当ブログでは珍しく見て頂いてる記事のようですね。

ディーラーに直接行くということなので、
保証条件について(特に距離と期間)はよく確認してもらったほうがいいかなと思います。
HPに載っているようなメジャーなものではないので。

ちなみに自分が確認したL175Sムーヴの保証修理は

エンジンマウント (振動)
ヘッドガスケット (オイル漏れ)
ウォーターポンプ (異音)
ブロアモーター  (異音)
ショートブロック (異音)
ラジエーターファン(自覚なし)

あとリコールになったサイドミラーとクランク角センサー
他にもあったかな…  まぁとにかく色々ありました。

うちのムーヴはほんとに手が掛かる子です。でもかわいいんです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

なぜに自分のムーヴは保証が受けられたのか、正確な所はわかりません。
ごめんなさい。

その時は、メーカーの保証延長のHPにそのうちに載るんだろなとか
思ってましたが未だに無いようですね。

ちなみに自分がこの問題を把握した時点(二年前)では既にネット上で
保証を受けた人の記事をちらほら見かけていたのですが…。
http://minkara.carview.co.jp/userid/221842/blog/23240243/

メーカー(ダイハツ)の方針も変わってしまったのでしょうか。


あと皆さん意外と気にしてないかもしれませんが、
ディーラーにいる整備士といってもそのスキル、情報量などは各人一律というわけでは
決してないようです。


それから、L175Sムーヴのエンジンが車体番号でいつからいつまでが対象なのか
とかいうのを確認されたらいかがかと思います。
こっそりとピストンリングの対策部品が出ているというのは間違いないと思うので。




プロフィール

Nog

Author:Nog
エフェクターやアンプの自作、
電子工作などが好き

最近は車のメンテに
はまっています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。