FC2ブログ

ムーヴのファンベルトの点検をやってみた。



寒い季節になってエンジンルームからベルトの鳴く音が聞こえてきた我がムーブ号。

前回交換したのは約3年前。

ただし距離でいうと27000km とそこまで走ってるわけではないんですけどね。


試しにアイドリング中にクレのラバープロテクタントをベルトに軽くスプレーしてみると

鳴きが治まりました。




ファンベルト点検 (5)





画像中央に見えるベルトが鳴きの犯人です。 クーラーベルトですね。


(ちなみに昔のFRエンジンではラジエーターファン等を回すベルトをファンベルトと
呼んでいた名残から、補機ベルトのことをファンベルトと通称で呼ぶようです。)




このクーラーベルトに使われているVベルトはVリブドベルトよりもプーリーとの

接触面積が少なくて鳴きも発生しやすいらしい。

といっても思い起こせば昨年の冬場にもたまに鳴っていたことを思い出したので

車をスロープに乗せて下からも確認しました。





ファンベルト点検 (3)




磨耗して張りが弱くなったりゴムの経年劣化が起こると滑りやすくなって鳴きが出る

ということみたいですが、

張りのほうは音が出ていないVリブドデルトよりも強いかなと感じるくらいしっかりしていたので、

ヒビまでは出ていなかったけれど経年劣化で柔軟性が足りなくなっているのかもしれない

ってのはあるかもしれないですね。





とりあえず、L175Sの前期型であるウチのムーヴには

・オルタネータベルト (Vリブドベルト 4PK745) 

・パワステベルト   (Vリブドベルト 3PK485)

・クーラーベルト    (Vベルト PT285)


の三本のベルトが使われていました。






ファンベルト点検 (2)



オルタネーターとウォーターポンプを同時に回すオルタネーターベルトがこちら↑。

一番長くて幅も広いです。





ファンベルト点検 (1)




そのウォーターポンプからまた別に繋がってパワステポンプを回しているのが

このパワステベルト。




いずれも三ツ星のEPDMゴムのベルトが使われていました。

これは近所の修理工場さんで換えてもらったものです。



ネット調べではEPDMゴムのベルトの交換推奨時期は35000キロだそうです。


できればクーラーベルトもいれて3本同時に換えたいところ。




ただちょっと気になるのが

① 自分がVベルトの適正な張りをよくわかっていないこと

② クーラーコンプレッサーのプーリーにわずかに錆がみられること

の2点があり、特に②に関して





ファンベルト点検 (4)





かなり見えづらいけどプーリーの内側の側面にうっすらと茶色いサビが出ています。


これがまぁ大丈夫なのか これが原因でVベルトの鳴きが出ているのか。

素人には判断がきつい所。




ちなみにネット通販でベルト類を購入すると、修理工場などでの6~7割の価格で

買うことができます。


その場合はもちろん自分で交換ということになるので、入念に下調べしないと

いけないですね。


しばらくはラバープロテクタントで様子をみて、それでもだめなら交換に

挑戦してみるのもいいかも。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nog

Author:Nog
エフェクターやアンプの自作、
電子工作などが好き

最近は車のメンテに
はまっています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR